clumsy : 重音テト

lyric 僕らは欲張りで自分より誰かのほうがいつも光って見えるんだ 愛されるあの人の透き通った声が欲しいと君は泣いて声からしてた 「もういいかい?」「まだだよ」理想とはいつも遠くで揺らめいてるカゲロウ「もういいの」「もういいよ」切り傷にまみれた君の手の中に答えがあるんだ 不器用にざらつくその声だから上手く隠したはずの傷口もあばくんだ憂いを纏ったその歌声で錆びついた心のドアを揺さぶって貫いて欲しい 捨てられないままで眠った手紙みたいな理想は焼き付いてはがせないね 震えた指では何もつかめないまま終わるんだ君 ...

ReadMore

Cull : 重音テト

lyric 君が愛していたあの木に名前を刻んだ燦燦と揺れる葉が思い出を映しだすように鳴くんだ 何回目の夏か、数えてなんかいないからさ開く君との距離 測るすべなんかなくてあの花が見たくて、いらない芽はただ摘みとってそれが正しいと思っていた 間引いた命とその上に咲いた花にどれほど違いがあるのかわからないままだ枯れるのが少し早いか遅いか、そんな些細な違いに戸惑うそれは愚かなのでしょうか どんな話にも訪れるクライマックスをどんな気持ちで待っているのが正解なんでしょうか? 何回目の冬か、数えてなんかいないからさ霞む ...

ReadMore

Envy : 重音テト

lyric 乾いた脳みそを無理やり絞るように生み出した歌だから薄っぺらで笑えねえペン先を伝うインクがにじんでいく開いてくその闇に飛び込んで 心に穴をあけたのはきっと君の言葉で埋めるためもしもちゃんとはまらないのならばいくらでも削ろうやしびれ切ったこの体に血が巡り始めるような痛み生まれたてのシカのように震えて目を見開いてる 枯れ切った瞳には何も映らないどうかどうかその才を恵んでくれ擦り切れて硬くなったこの指先をどうかどうか綺麗だと慰めてくれ 息さえ思い出せぬほど深く落ちた静寂(しじま)に響き渡る鳴き声が本当 ...

ReadMore

命のゼンマイの巻き方は天才にも解き明かせていない / 夏色花梨

lyric 心音は必ず遅くなってゆく生命は必ず無音に帰してゆくこのゼンマイの巻き方は未だ天才にも解き明かせないままでいるのだから ある日美しい瞳の老人に合った海岸沿いのくたびれたベンチで「僕はもうあまり音が聞こえてないけれど歌うことを、今でも愛しているんだ」 言葉はそこで途切れて打ち寄せる音に飲まれたかき消されそうな声で彼は最後にこう呟いた 心音は必ず遅くなってゆく生命は必ず無音に帰してゆくこのゼンマイの巻き方は未だ天才にも解き明かせないままでいるのだから 生まれたその時と今じゃもう半分ほどか左の胸を打ち ...

ReadMore

ハルトナリ / 夏色花梨

lyric 煙るような雨の先で呼んでた声が蘇る浅い春に独りきり薄桃色の花を引き金にして 凍てついた指を解いてこぼれ出したくすんだ言葉をただ溢れるままに綴ったこの歌が響いていく 声はただ藍に溶けて消える花が舞う夜 こぼれた涙空に飾ったら星のように君を照らせるのかな加速する春の足音に巡ってく 朝にいずれ花は咲くから変わりたくないって叫んだあの日も遠く霞んでくだけ 香り始めた 花の香に振り返る 町は知らぬふり思い出は 芽吹いた今日をからめとって滲ませる バスの窓 露を払って描いたんだ 来るはずない今日をとめどな ...

ReadMore

forget-me-not / 夏色花梨

lyric ミルクカラーの景色濡らして見てた 一人ぼっちの朝焼け、つまんない 君を思ってみれば、同じようにきっと私も見えてたんだね それは無関心な愛情でさ すぐ「ごめん」と謝るのが ずっと嫌いだったんだ あなたと同じ香りがしてた お気に入りのパーカーを洗う 泡に溶けて消えてほしいのに ポケットティッシュみたいだね 溶けない思い出 あなたのアパートの階段横に 咲いてる花のこと知ってる 青空色、忘れないわ 散々見た映画みたい。 やっぱ、真実は残酷ね あなたと同じ香りがしてた お気に入りのパーカーを着てさ 冷た ...

ReadMore

[REmake]カンパニュラ/ 巡音ルカ

ReadMore

あんたのことが嫌いよ / 巡音ルカ

ReadMore

コスモス / 巡音ルカ

ReadMore

◆Links


◆New Post

  • ファンアートをいただきました!
    この喜びを! 伝えさせてください! カンパニュラのファンアートを描いてくださいました! アカウントの紹介等はNGとのことで、匿名にてご紹介させていただきます。 憂いのある表情と色使い、背景の四隅の装飾 ...
  • 2023-01-17 使用機材
    PC Dell G15 カスタマイズ リンク 現行のものではないのでマザーボードなど違っているかもしれません。 Amazonのレビュー低評価多くてびっくり。 確かに最初は動作安定していなくていろいろ苦 ...


◆New Music

  • 星降るこんな夜だ : 重音テト --- くはく ---
    lyric 目に見える傷ばっかりじゃないさ僕も同じ傷がある許せないまま残した過去も抱きしめていい、そのままでいい。 「眠るならここがいい」「心地よい夢がいい」光が君に届く、その日を一緒に待っていよう ...
  • clumsy : 重音テト
    lyric 僕らは欲張りで自分より誰かのほうがいつも光って見えるんだ 愛されるあの人の透き通った声が欲しいと君は泣いて声からしてた 「もういいかい?」「まだだよ」理想とはいつも遠くで揺らめいてるカゲロ ...
  • Cull : 重音テト
    lyric 君が愛していたあの木に名前を刻んだ燦燦と揺れる葉が思い出を映しだすように鳴くんだ 何回目の夏か、数えてなんかいないからさ開く君との距離 測るすべなんかなくてあの花が見たくて、いらない芽はた ...
  • Envy : 重音テト
    lyric 乾いた脳みそを無理やり絞るように生み出した歌だから薄っぺらで笑えねえペン先を伝うインクがにじんでいく開いてくその闇に飛び込んで 心に穴をあけたのはきっと君の言葉で埋めるためもしもちゃんとは ...
  • 夢と夕焼けと石ころ / 夏色花梨
    lyric 目が覚めたら枯れ始めた空だ想像よりも夢は窮屈ね3日もたず諦めた日記同じことばっかり書いた ねえ、聞こえてる?ハロー僕は何をしに来たんだ?教えてよハローきっと思い出せるから枯れた声でも届くだ ...